ヒカリバ コワーキング・デイ 2021を開催します [2021-08-09]

画像:ヒカリバ コワーキング・デイ 2021を開催します [2021-08-09]

コワーキングスペース ヒカリバでは、2021年8月9日(月・振休)に、イベント「ヒカリバ コワーキング・デイ 2021」を開催します!

毎年8月9日は、2005年のこの日、世界ではじめて「Coworking」が行われた日であり、世界中のコワーキングスペースが8月9日をお祝いするイベントなどを開催して、コワーキング文化の発展に寄与する取り組みを行っています。
ヒカリバでは今年初めて世界コワーキング・デイをお祝いする主催イベントとして、地域の皆様を中心に「コワーキング」という文化を知って頂ける機会とすべく、「ヒカリバ コワーキング・デイ 2021」を開催いたします。

コワーキングスペース自身もひとつの空間として必要な費用を利用料として頂いて運営費用を賄う必要があるため、ヒカリバでは基本的にドロップインも有料(1時間300円~1日1,000円、学割の場合は1時間200円~1日500円)という料金体系で運営を行っています。そのため、通常はなかなか足をお運びいただきにくい方もいらっしゃるのではないかと思います。
地域内にコワーキングという文化が広がって欲しいという願いのもと、山口県内では比較的新しいコワーキング文化の拠点であるコワーキングスペースに足を踏み入れる機会としていただくためにも、当日はドロップインは終日無料でご利用いただける企画としております。
また、12:00~14:00には、スペシャルイベントも予定しておりますので、是非ヒカリバまで足をお運びくださいませ。

世界コワーキング・デイ とは

「コワーキング」は、2005年8月9日に、サンフランシスコでBrad Neuberg 氏がはじめて「Coworking」という言葉を使って(作って)、Spiral Muse というビルの一室に2 人がやってきて仕事をしたことが、現在のコワーキングの原型と言われています。このことにちなんで、毎年8 月9 日を「世界コワーキング・デイ」とし、世界各地のコワーキングスペースがコワーキング文化の発展に寄与するイベント等を行っています。

ヒカリバ コワーキング・デイ 2021 開催概要

2021年8月9日(月曜日・振休)に、コワーキングを体験できるよう、ドロップインの無料体験(無料開放)や、スペシャルイベントなどを開催いたします。

詳細は、ヒカリバのイベントページをご覧ください。

ドロップイン 無料体験(無料開放)

コワーキングスペース ヒカリバのドロップイン利用料通常 1時間300円~1日1,000円(学割は200~500円)が終日無料となります。
「コワーキング」未体験の方は、この機会に是非体験されてみてください。

スペシャルイベント開催(12:00~14:00)

世界コワーキング・デイを記念するイベントとして、地域内でのコミュニティづくりをテーマに、ゲストを迎えたトークセッションや、ライトニングトーク大会を開催いたします。

トークゲストは、HiKARiBAと同様にコミュニティスペースの運営を光市内で行う 福祉メイキングスタジオ 代表の前﨑知樹氏をゲストに迎え、コミュニティづくりや新しい空間づくりのヒントを考えるトークセッションを開催いたします。

施設見学ツアー

ヒカリバ内の施設をスタッフがご案内します。

専門家相談&起業相談

ICTや創業の専門家、実際に起業した方などに繋がれたり、相談ができるコーナーをご準備しています(相談無料)

相談コーナーのゲストには、地域内の連携として、起業相談や障がい者雇用、教育相談、産学官連携等、多方面の相談にも対応していただいている、徳山工業高等専門学校(徳山高専)の三浦靖一郎准教授をお迎えします。

ヒカリバ初の公式イベントとなります。お気軽にお越しくださいませ。

この記事を書いた人

コワーキングスペース ヒカリバ スタッフ
コワーキングスペース ヒカリバ スタッフ

コワーキングスペース HiKARiBA(ヒカリバ)の運営スタッフです。
ヒカリバに関するお知らせを発信しています。

2021年08月04日 12時05分 2021年08月04日 14時07分

  • イベント
  • コワーキング・デイ
  • 世界コワーキング・デイ
  • 無料開放